ブラックになるとキャッシングは絶対にできないのは本当なのか

キャッシングサービスに関わる言葉として、ブラックリストという言葉を目にすることがあります。ブラックリストはネガティブな意味合いで使用されていることが多いですが、何のことなのかわかっている人は案外少ないようです。厳密には、ブラックリストとは正式用語ではなく、俗に言う通称のようなものです。黒い帳面に人の名前が書いてあるということはありません。

キャッシングの申し込みをすると審査がありますが、金融機関は審査のために信用情報機関にキャッシング利用履歴の照合を行います。今まで、どんなキャッシングサービスを利用していて、期日までの返済が滞りなくできているかが信用情報会社にはまとめられています。ブラックリストとは、そこに延滞や返済不能情報が残っている人のことです。

ブラックリストに名前が入っている状態とは、信用情報会社の記録に返済不能記録や、延滞記録が残っている状態であり、そうなると金融機関は新しく融資をするには高リスクの顧客と判断します。この状態を、ブラックリストという言い回しで表現しているわけです。

ただし、ブラックリスト状態だと、絶対に融資が受けられないということはなく、金融会社の判断によっては、お金を貸してもらえることもあります。金融会社の判断によって審査の結果が決まるので、一律で条件が定められているわけではありません。銀行や、有名どころの消費者金融会社はブラックリストに名前が入っているような顧客に融資は行いませんが、中小規模の消費者金融会社の場合は、条件次第で融資OKとしていることもあります。

とはいえ、中小規模な消費者金融会社でも、融資をしないところも珍しくありません。

【アメックス虎の巻】ゴールドカードのメリットを知り尽くそう!

コメントを残す