にきび跡を残さないためには早めの治療が大切

にきびを皮膚科で治療してもらう場合、どんなやり方になるのでしょう。にきびを放置していると、色素沈着やクレーター状のにきび跡が残る可能性があります。にきび跡が残ってしまうと、セルフケアでは改善が難しくなってしまうので、早めににきびの治療をすることがおすすめです。

にきびができた時に皮膚科を受診すると、どのような治療をされるのか警戒してしまう人もいます。白にきびや黒にきびは、まだ炎症を起こしていないにきびの初期段階なので、面皰圧出という治療をすることがあります。面皰圧出とは、面皰圧出器という器具を使用して、にきびの中にたまっている膿や皮脂を取り出す治療です。

この方法は、にきびに小さな穴を開け、中身を出して消毒をするので、患部に雑菌が繁殖する心配がありません。赤にきびは炎症が起こっている状態なので、内服薬や外用薬で炎症を鎮めて、面皰圧出をすることでにきびの治りが早くなります。

大人にきびの原因の一つがホルモンバランスの崩れです。この場合、漢方薬を飲んだり、ホルモン治療を行うことで、乱れたホルモンの状態を整えて、にきびの再発を防ぎます。保険適用外の治療ですが、ケミカルピーリングやイオン導入などのにきびの治療方法もあります。

どのような治療が最適なのかはにきびの状態によって違うので、費用や治療法についてしっかりと医師と相談することが大切です。

デリケートゾーンの黒ずみの治療は?

コメントを残す