フォトフェイシャルの特徴を理解して施術を受けること

日進月歩の勢いで技術が進んでいる美容施術の世界ですが、特にフォトフェイシャルを受けてみたいという人が多いようです。にきび痕や肌の赤み、くすみやしみなどの肌トラブルを改善したいという人は、IPLという光を使うフォトフェイシャルがお勧めです。

フォトフェイシャルのメリットは、施術後の肌へのダメージを最小限に抑えた治療だということです。フォトフェイシャルでは、いくつかの肌のお悩みに対して効果がありますので、しみやたるみやにきび痕など、ひとまとめで対応可能です。新たな細胞ができやすくなるには、適度な運動と睡眠、そして栄養素が必要です。

医療行為であるフォトフェイシャルですが、保健は使えませんので、1〜2万円くらいはかかると考えたほうがいいでしょう。一回の施術料金も突出して高くなっているわけでもないので、1回2回くらいなら軽い気持ちで利用できます。医療施設でフォトフェイシャルが行われているので、安心して施術を受けられるというメリットも大きいものでしょう。

しかし一方でフォトフェイシャルは定期的に治療を受けることで徐々に効果が出てくるので、ある程度の期間に渡って施術を受けなければならないというデメリットもあります。フォトフェイシャルは、効果を焦っている人には、不向きな施術です。アトピー性皮膚炎などが原因で肌の赤みの範囲が広い人や、心疾患などの身体的なトラブルがあるという人は、フォトフェイシャルには向いていません。

美容効果という面では期待度の高いフォトフェイシャルですが、気をつけたい部分もありますので、よく考慮して利用を決定してください。

脇毛は抜くより光脱毛で処理しましょう

コメントを残す